個性が現れる、シザーケース。

みなさんこんにちは。

今年、オリンピックイヤーは閏年です!

忘れちゃいけない4年に一度の2月29日のblogをお届けいたします(^0^)/。

今日は僕たち美容師が腰に着けている“シザーケース”について!!

仕事中、肌身離さず着けているシザーケース。用途はもちろん美容道具の収納です!!

ハサミの他にもカット用のカットコーム、シャンプー後の髪を梳かすジャンボコーム、

パーマを巻く時に使うリングコーム、髪を留めるダックカールなどを収納し、

どこへ移動してもさっと使えるように腰に着けています。

美容師ごとに使用するセットイスが決められている海外のヘアサロンでは、

シザーケースを使わないでワゴンや鏡の前のテーブルなどにこれらの道具を置くのが主流なようです。

こんなところにも日本人の合理的なものの考えが現れているのですね。

さて、この“シザーケース”も様々なデザインがあり、

Luxeのスタイリストもそれぞれ思い思いのシザーケースを使っています。

板倉さんのシザーケース。分厚い牛革が物凄い存在感です!!サイズも重さもナンバーワン!

浦さんのシザーケース。

表面のザラついた部分は何と海を泳ぐ“エイ”の革!!硬くて頑丈な造りが魅力的。

高橋あやさんのシザーケース。

綺麗な逆三角形のシルエットがすっきりしていて格好いい!素材も柔らかい。

小松くんのシザーケース。レザーにヴィンテージ加工が施されており、

独特な風合いがエキゾチックな彼の雰囲気にマッチしていますよ!

根本くんのシザーケース。小ぶりで機能に優れるシザーケース。

やはりレザーに特殊加工が施されていて風合いがいい!

二村さんのシザーケース。やや平らなデザインとレッドブラウンのレザーが女性らしいですね!

シンプルな造りが使いやすそう。

僕のシザーケース。

以前ブログでも紹介いたしました。

9年間愛用した初代の後を継ぐ二代目です。

スクエアなのにシャープさを感じるデザインがお気に入りです! 

美容師が100人いたらデザインや風合いの違いを考えると

100通りのシザーケースがあるはずです。

もしかしたらその人らしさまでも表れているかもしれない“シザーケース”。

ご来店の際にチェックしてみると面白いかもしれませんね♪

Blog:太田敏ブログ

        Luxeスタイリスト太田敏

LINEで送る