JR展

こんにちは!アシスタント星野です(^^)
先日ワタリウム美術館でやっている、JR展に行ってきました。
JRは屋外の建物や通りに巨大な写真を貼るというグラフィティ表現を用いるアーティストで

世界各地の弾圧や貧困、差別のもとで暮らす人々を撮影し、

それを現地の人たちと壁に貼る活動を展開しています。
見所は展覧会に先駆け2012年11月、

東北の被災地(気仙沼から福島まで)を巡り行った「インサイドアウト」計画の展示です。

ポートレート撮影用のカメラと大型プリンターを装備した専用トラックは、

東北の漁港の漁師や復興商店街の店主、子どもたち、

およそ400名のポートレートを撮影し、それらを街中に展示したのです。

このプロジェクトのドキュメントやポートレートはこの展覧会の一部として発表されています。

JRの活動は自分のメッセージを伝えようとするのではなく、

世界中のストリートに誰もが見られるギャラリーを作り、そこで新しい交流が生まれ、

さらにそれぞれの地域の問題が世界に提示されることなのです。

その活動のために、自身の名前をJRという匿名的なものにしています。

この展覧会では入場者も自分のポスター大のポートレートを受け取り、

この「インサイドアウト」計画に参加出来ます。

僕も友達と行ってきました。

このポスターを撮るのにはかなりの混雑が予想されるので、早い時間に行くことをオススメします!

本来5月いっぱいまでの予定だったのが、人気で6月末までやっております!

Luxeからは歩いて15分くらいで行けるのでこの機会に是非!!

        Luxeアシスタント星野彬

LINEで送る