アメリカン・ポップ・アート展

こんにちはー(^ν^)アシスタント井上です♪
今日は大注目のこれ!をご紹介します!
アメリカン・ポップ・アート展☆
アメリカのポップ・アートは、1960年代以降、21世紀の現在に至るまで美術にとどまらず
さまざまな分野において、大いなる影響を与えてきました。
1960年代におけるその最盛期の名作を
まとまった形で紹介する展覧会は、日本においても開催されたことがありませんでした。
そもそもポップ・アートとは、
1960年代に盛んになった大量生産・大量消費の大衆文化を主題とする一連の芸術動向を指します。
見どころはなんといってもアンディ・ウォーホルの最高傑作
《200個のキャンベル・スープ缶》。
日本初公開だそうです☆☆☆
他にも
リキテンスタイン、オルデンバーグ、ローゼンクイスト、
ウェッセルマン、ラウシェンバーグ、ジョーンズら、
巨匠たちの1960年代の代表作を含め、絵画、彫刻、素描、版画、
マルティプル等、約200点により、アメリカン・ポップ・アートを総合的に紹介しています!!
展覧会は
8月7日(水)〜10月21日(月)
休館日 毎週火曜日
開館時間 10時〜18時 金曜日は20時まで
入場は閉館の30分前まで
です(^ν^)
みなさまもぜひぜひ
足を運んでみてはいかがでしょうか♪?
         Luxeアシスタント井上彩
LINEで送る