”【カラー解説】何故、日本人は赤味を嫌う?”

こんにちは。ディレクターの小松です。
カラーのカウンセリングをする時
『赤系カラーは、イヤ』

『外国人風の透明感あるカラーを』

『とにかくアッシュ系で』
こんなオーダーをよく受けます

 

【外国人風】というキーワードは、今のヘア業界を語る上では、

もう鉄板的ワードになりましたが、もう1つよく上がるキーワードが【赤味を消す】というもの

 

では、何故日本人は、

この【赤味】というキーワードを毛嫌いするのか。。。

2015-12-19

 

 

あくまでも一美容師として、そして個人的見解ですが、
日本人は、【赤味】が嫌いなのではなくカラーが退色した時になる

日本人特有のオレンジ味、赤味ある抜けた感じになることが嫌いなんです。
(赤系カラーが好きな方は申し訳ありません)

とにかく日本人は、オレンジ味ある退色がイヤ。

だから反対色であるアッシュやオリーブ、カーキなどの赤味がないカラーをしたがる。

赤味を打ち消すカラーとして緑系カラーが対処方法としてあるから。
とにかく日本人の地毛ベースにあるカラーは、赤味を帯びた黒色なので元からある赤味なんですが、これを打ち消すカラーが人気なんです。

 
【外国人風】カラーには、赤味はない。

 
元からもっている外国人の方特有の赤味がないベースカラーなので。

 

だから日本人は、この赤味がないカラーに憧れる。
【外国人風】というものに執着して憧れるのです。

 

美容師として、嫌という程赤味を打ち消すカラーはしてきましたし、

これからも【赤味がない】【外国人風】カラーはやり続けることでしょう。
とことん、やりましょう♪

 
赤味を打ち消すカラーは、お任せください。

人気の理由は、必ずあります。

 
最旬☆新発色の【モカブラン】【シアーグレージュ】をはじめ

【ヘーゼルベージュ】【ライムグレー】も人気カラーです。

 

是非お待ちしております♪

Luxe公式Instagram

Blog:小松祐介ブログ

Luxeサロンディレクター小松祐介

LINEで送る