”『伝える』って奥深いですよねってブログ”

どうも、こんにちは。
ディレクターの小松です。

今回のブログは、『伝える』ということについて

決して伝達とは違います!
最近Luxeにも新入社員メンバーが3人増え、おかげさまで16名の中規模サロンになりました。
16名にもなると教えるのも大変にはなってくるもので。

我がLuxeは、個性のカタマリですのでそりゃまぁまとめるのは普通にしていても大変です 笑
ムツゴロウ王国みたいなもんです

(大変になるのは、嫌いじゃないです。むしろ好きです。燃えますね。)
一言で教育という話は、このブログだけではしきれませんが
教育という面で一つ大切になってくることが
人に伝える
という事。この伝えるという事って本当に難しいものだなーと考えてます。

 

ただ上の人間が言いたいことをヅラヅラ言って終わり。。。
ガミガミとただ自分のテンションのみを考えて伝える。。。
時には、必要な時もあるけれどこれだけじゃ全然ダメよダメよですね
言い方や伝えるテンションは、人それぞれではあるけれど、

『伝える』ってのは、ただそれだけではない、、、むしろそんな簡単なことではないと思います

『伝えること』は、ただ言いたいことを言うだけではないと思います
『伝える』ということは、伝える相手の心に響かせ、

相手がキチンとそのことを理解する、受け入れられて、、、
つまり
相手がキチンと伝えたことを理解して、

受け止めて行動に移すことで初めて『伝える』ということが成り立ち、

『伝えた』意味があるんです。

だからこそ、相手が理解できるように、心に響くように伝える。

わかりやすく、受け入れやすく、

伝えたいものの要点を絞り、相手の立場や状況に合わせて伝えることが大切。
ただー、これが実に深くて難しい。
今は偉そうに語っているけれど、一昔前はホント苦労したし、

正直どう伝えたら相手が理解してくれるかわからんかった。。。
だからこそ組織の中で生きていく難しさもあると同時に、

やりがいやオモシロさがそこにはあると思います。
伝える相手が変われば、また伝え方を変えて話す。
相手の気持ちや立場に立って、自分ならどう言われたらキチンと受け入れられるかを考えて伝える。
そう!
伝える時にキチンと相手の事を考えて物事を伝えられているか?
これが大事なんですよねー
まだまだ難しく、四苦八苦しながらですが気長に『伝えること』の大切さを考えながらいきたいですねー

image1

今日も1日よろしくお願いします

Luxe公式Instagram

 

小松祐介Instagram

 

Blog:小松祐介ブログ

 

Luxeサロンディレクター小松祐介

LINEで送る